• 笑顔の男性

救世主、現る

髪の毛の薄い人

フランシスコ・ザビエル、スペイン生まれ。カトリック教会の宣教師。1500年代の人だから、もとより今の世の中で彼と喋った人はいない。
それでも彼がここ日本で有名なのは、日本にキリスト教を伝来させた人物が彼だからである。宣教師として極東を担当していた彼は、1540年代に日本に到着。
日本における彼の認知度はすこぶる高く、歴史の教科書に出てくることから、誰でもその名に覚えはあるという状態である。
そしてもうひとつ、彼の名は「薄毛」というフレーズに敏感な人々の間で知られている。日本で良く知られる肖像画の、彼の頭頂部に毛がないことがその理由である。
厳密に言えば、彼のヘアスタイルは当時の西洋世界において「トンスラ」と呼ばれた聖職者たちのものであって、彼自身が薄毛や抜け毛に悩んでいたかどうかは、まさに神のみぞ知る話である。
ともあれ、今、薄毛と抜け毛に悩んでいる人たちにとって、彼の名はひとつの基準であると言える。「俺はザビエルか否か?」と、鏡の前で頭部をじっと見つめながら、人々は自問するのである。

■若くして悩める人々
現代の薄毛、抜け毛の状況はひどくシュールリアリスティックである。分かりやすく言うなら不条理である。何しろ、一昔前までは「髪の毛の悩みなんか俺には関係ないね」と思っていたはずの人たちの間に、その悩みが蔓延しているからである。
一説によれば、20代男性のうちの実に50%近くが、俗に言う「若ハゲ」ではないかと悩んでいるというデータも存在している。
若くして髪が抜ける、薄くなるなんて大事だと思うかもしれないが、別に彼らは何かの病気であるわけではない。これを読んでいる「若い人」も、ある日気づけばシャワー中に大量の抜け毛を発見するかもしれない。
朝起きたら、枕に毛がたくさん付いているかもしれない。その可能性は、否定出来ないのである。

■育毛剤を使おう
とはいえ、もし悩ましい状況に頭が追いやられてしまったとしても、ことさらに不安感を高め、絶望したりしてはいけない。若くて健康な頭皮を持っている限り、何度でもやり直しは効くのだから。
若ハゲについての研究が行われ、今では効果のある育毛剤が開発され、販売されているのだから。
病院で診察してもらい、処方箋を出してもらって手に入れることが出来る育毛剤があり、通信販売で購入することが出来る育毛剤がある。
若くして悩める人々のための救世主は、今、ここに存在しているのである。

オススメリンク

リピート率ナンバーワンの育毛剤を使ってみませんか?【育毛剤をランキング】

育毛剤のランキングが知りたい方はこちら!:育毛剤口コミ人気ランキング

頭皮

女性たちの脱毛症

抜け毛に悩み、薄毛に悩んでいる人は、実は今、冗談抜きで「全世…Read more
てっぺんハゲ

用法用量を守って

どんな薬剤を使うときも、同じである。飲み薬であろうと塗り薬で…Read more
赤みを帯びた頭皮

毛根、血行、ホルモン

「髪」は、人の頭部に生えている毛の集まりを指す言葉である。と…Read more
M字ハゲ

現代の頭髪事情

どうも、「ハゲ」と言うと未だに中年期以降の人々の頭に目が行く…Read more
悩みを抱える男性

スタートライン

ふと、「最近薄くなってないか?」と鏡の中の人物に問いかけると…Read more

関連リンク